そない、書く事あるんかいな?


by gen3-fat

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

皆々様、御機嫌麗しゅう。。。
梅雨に入っているのに、纏まった雨も無く、気温の変化が著しく変わっている様な気がしますが、皆々様の体調も御変わり無く楽しく御過しでしょうか?

さて、自分も本日で「嘘の38(サンパチ)」が終わり、明日から39歳となります。(数えでは40歳)
やっと、実年齢が顔に追い付いてきました。。。
歳をとると言う事は、その分社会的責任も重くなり、求められる事も多くなるのかな?と感じます…が、その反面、体力や免疫力等々は低下傾向にあるのも感じます。

先日、久し振りに大阪に行き、祖母と叔父貴の御見舞に行って参りました。
亡くなった親父の時もそうでしたが、御見舞に行く前は自分の知っている元気な姿を思い浮かべ「入院してる言うても、元気に話しくらい出来るやろ」と、思って伺うのですが、現実は…。。。
祖母は96歳、叔父貴は76歳…確かに歳と言えば歳です。。。
でも、自分の知っている祖母も叔父貴も、よく喋る楽しい人…それが、上手くしゃべる事も出来なくなっている。。。
つい半年前までは、親父の1回忌で会って、普通に会話もしていたのに…と、思うと、ショックでたまりません。。。

誰でも、歳は毎年重ねて行きます。。。
誰でも、病気になったりします。。。
誰でも、いつかは御迎えが来てしまう事も解っています。。。
でも、それでも…と、心の中は複雑な気持ちに。。。

しかし、そう言っていても仕方がありません。。。
今出来る事は、何でしょう?自分に問いかけます。。。
多分、今出来る事は、少しでも多く会って、祖母や叔父貴の記憶に、自分や家族の存在・想い出を焼き付ける事。。。
今迄御世話になった分、身の周りの御手伝いや、いつも御世話をしている母や叔母の手伝いをする事。。。
そんな事しか出来ない様な気がします。。。
しかし、考え方によっては、それも自己満足の世界でしかない様な気もしますが。。。

歳を積み重ねると言う事の一つには、元気なうちは人の御世話をして行き、歳をとって、行く行くは人の御世話になる事でもあるのかな…と、考えます。
その為にも、自分に関わる人々や御世話になっている皆さん、これから出会うであろう皆々様に対して、自分は何が出来るのか?何の御役に立てるのか?また、それを通じて、社会に貢献出来るか?と、言う事を考え、問い掛けますし、それが出来て、始めて自分が動けなくなる状況になった時、御世話をして貰える権利・立場を得る様に考えます。

誰もが皆、毎年一つ歳を重ねます。
自分は、皆々様の記憶に残る様に、また皆々様が少しでも楽しく幸せな気持ちになって頂ける様に、これからも頑張り、良い歳の取り方をして行ければ…と、想います。
[PR]
by gen3-fat | 2011-06-10 11:43 | てきとう
f0180077_1830221.jpg

皆々様、御機嫌麗しゅう…。。。
気が付けば、早いもので、もう6月!

6月になると、博多祇園山笠の行事が増えると共に、法被にも袖を通す事が出来る様になります。
自分は、昨日の寄り合いから、法被に袖を通す形になりましたが、本日は、NPO法人である「博多の風」の行事で、一般の方々と山笠における7月15日の「追い山」と呼ばれている奉納行事で、山を舁くコースを約2時間ちよっと掛けて歩きました。
道中には、博多の歴史を物語る寺社仏閣等があり、我々にとっても、参加された皆様にとっても、新たに博多の街を知る機会であり、大変楽しく、また勉強にもなって、益々地元・博多の街が好きになる機会でもありました。

今年の博多祇園山笠の奉納行事は、770年目になります。
毎年の事ですが、無病息災・商売繁盛・心願成就の気持ちと、博多の繁栄・自分の会社や、自分が御世話になっている方々の繁栄、社会や日本の繁栄を祈念して、山に着きます。
自分を通じて、皆々様の想いも奉納出来れば…と、考えます。
怪我の無い様に頑張りたいと思います。
「山が終わると、梅雨も明ける」と、言われます。
梅雨と一緒に、山笠が終わったら、この不景気も明けて頂きたい物です。




iPhoneから送信
[PR]
by gen3-fat | 2011-06-05 18:30